メダカの飼育やありふれた日常生活の気ままなブログ


by goe-sora
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ラムズホーンの不思議

今日は天気も良くユリの花が咲きかけていたので写真を撮りたかった
のですが、風が強くホコリも飛んでいそうなので止めときました。

ピンクラムズホーン(フッシー産)
a0106189_2094936.jpg

 卵
a0106189_20112197.jpg

卵の中に稚貝がみえ、動いているのも確認できます。
a0106189_2015611.jpg

数日後には水槽のあちこちで稚貝が見えます。増えてくれればメダカのエサの
食べ残しも処理してくれます。気になるといえばラムズホーンのウ○チかな。
しかし、適量のウ○チがなければ水も浄化しません。

不思議ですよね~・・・ ・ ・ ・??

ってォィこんな話ではない。

ラムズが我が家に来たときは一つの水槽に入っていて繁殖確認後、その他の
水槽に親を一匹ずつエサの食べ残しを処理してもらおうと入れてみた。
そして一匹でも卵を産でいたのだが、入れ換え前に交尾してたんだな~と思っていました
が・・がです、それから2週間以上たっても有精卵を産み続けている・・・

どして・・??

もしかして・・・クワガタもそうでしたが一度交尾すると、メスは越冬後も寿命が来るまで
有精卵を産み続けます。それと同じでしょうか。

なにげなく不思議物語でした。 (おしまい



自然光のもと写真を撮ってみました。
a0106189_2175810.jpg
a0106189_2182196.jpg

透明鱗です。やっと約1cmまで成長しました。
なぜか半ダルマ系が生まれています。
こっちは点目系F↓
a0106189_21151653.jpg



琥珀系セルフィン
a0106189_2118190.jpg

セルフィンなのですが、アミで掬ったときに、傷めたのかせっかくのアンテナが
だれてしまいました。(泣

a0106189_2126593.jpg

日光の反射が良かったので。

自然光の中の稚魚
a0106189_21311246.jpg

イメージどうり撮れた写真。
最近は写真に時間をかけることもなくなりましたが、
これは、時間をかけました、暇だったもんで^^


いつもは夜に写真を撮ることが多かったが、やはり自然光の方が
仕上がりが気持ち良いですね。汗ダラダラでしたけど・・(笑




つづく
[PR]
by goe-sora | 2009-05-29 22:13 | メダカ
大阪では新型インフルエンザの発症ピークが過ぎたようだが感染エリア
は拡大しているようです。こちらの地域では今の所、大丈夫ですが時間の
問題かもしれません。当然の如くマスクは品薄状態です。

うちの子供が京都・奈良に就学旅行を予定してましたが京都で感染者が
でたので中止ではなく延期になりました。しかもキャンセル料が発生したもようです。(イタタッ

学校側も延期にして正解でしょう??、後が恐いですから・・・^^

皆さんも新型ンフルエンザには気をつけてくださいね。



ささらぎさんの猩猩緋(しょうじょうひ)
a0106189_2120573.jpg

横からの画像がなくてゴメンです。
購入時より色が濃くなったと思います。6匹いたはずがいつの間にか5匹に・・・ゥゥ
産卵も順調です。猩猩緋と楊貴妃を比べたかったのですが、楊貴妃がいません
最近、繁殖させないメダカは上げてしまったのだった・・シカタガナイ(涙
うちにいた楊貴妃と比べるとなんとも表現できませんが色自体が良い意味で
違うような気がします。


PB(ピュアブラック)系F
a0106189_2292257.jpg

過密を防ぐために間引いてますが、朝覗くと、増えてます^^そしてまた間引きます。
これが日課です(笑
こんな容器がいくつかありますが苦ではありません、むしろ楽しみにしてます。
そんな中、鈍感なメダカが数匹います。
a0106189_22322292.jpg

弱っていただけかもですが可能性は無きにしも非ずで別にしてあります。


室内状況
a0106189_22455153.jpg

この状況で私、この真横で寝ています。ポンプ等の音にも慣れました^^
夜はじっくり観察できるので、汚いですがしばらくこのままでいきます。


a0106189_235738.jpg

フッシーさんからいただいたピンクラムズホーンが増えてきましたよ~(嬉
我が家では稚魚の飼育には欠かせない存在になりました。

ラムズホーンは屋外でメダカと一緒にした場合、直射日光に当てても
大丈夫でしょうか?





つづく
[PR]
by goe-sora | 2009-05-23 23:22 | メダカ
雨続きで風も強く肌寒いです。
屋外の稚魚達が心配ですがやっと明日は晴れそうです。


琥珀系メダカ
a0106189_21484948.jpg

a0106189_21502828.jpg

a0106189_215138100.jpg

なんとなく黄金系にも見えます。屋外ならもう少しオレンジ系なのですが
室内だと黄色っぽくなってしまいます。そして頭は茶系です。
ダルマとセルフィン遺伝子があり、兄弟達は骨曲がりが多いです。

我が家のアルビノを見て思ったのですが、生まれつき骨曲がりというわけでは
なく、成長過程である日突然、骨が曲がってくるような気がします。
遺伝がほとんどかもしれませんが環境にもよるかもしれません。


人工産卵巣(沈下性)
本舗さんのです。 ホムセン(2700円だったか)でも見かけます。
中心に鉛のような物が入っています。
切るとほのけやすいので両隅をテグスで縛っています。
a0106189_2220452.jpg

15cm位にカットした状態。
a0106189_22221872.jpg

量が多いので好みの質感になるまで間引きます。
左、仕上がり、右、ゴミ、捨てる部分のほうが多かったりして・・・
a0106189_22224481.jpg

そして水中だとこんな感じ。
a0106189_22331644.jpg

人工産卵巣以外は見なかったとこにしてください。(笑


アルビノヒカリと透明鱗の混浴水槽から生まれたアルビノ系?です。
a0106189_22445055.jpg

稚魚の飼育は思ったより厳しいです。生後2週間を過ぎれば安定しますが
それまでにどうしても2割以上は落ちてしまいます。恐らく過密かな。
でも、室内は水槽に限りがあるので過密になっちゃうんですよね~^^

稚魚飼育の良い方法があれば教えてください。



つづく
[PR]
by goe-sora | 2009-05-17 23:22 | メダカ

稚魚の飼育

雨が続いて肌寒いです。しかし天気が回復すれば気温がグッと上がりそうです。

GWは休みが一日しかなかったので、買い物とメダカの世話で
あっという間に終わってしまいました。

a0106189_1624462.jpg

これは先月撮りましたが、この金魚たち、行方不明です。飛び出すはずもなく、
犯人はカラスで間違いないと思われます。ついでに他の容器のザリガニもいなくなってました。
ここんとこ朝カラスがうろついていたのでまさかな~と思って覗くとまさかでした(^_^;)


卵が孵化しはじめました。とくに点目系Fたちはラッシュです。
a0106189_16392699.jpg

a0106189_16403528.jpg
a0106189_16405659.jpg


とりあえず稚魚たちは室内飼育です。
稚魚の生存率ってどのくらいでしょうか、過密だったり、水が汚れていると生存率が
落ちてしまいます。90%はキープしたいところですが、稚エビよりたいへんかもです。
90%っておおげさだったかな^^しかし生存率を上げるために悪戦苦闘してます^^
固定率の高いメダカはほとんど手をかけませんが点目(スモールアイ)となると
話は別です。どうなるか楽しみです。。


外掛式産卵ボックス 1.2ℓ(SUDO)
a0106189_1740202.jpg

すぐれものです。メイン水槽から飼育水をエアーの力で継続供給してくれます。
水の強弱も調整可能です。エビ用として使うつもりでしたが、メダカで試してみました
卵がセパレーターの下に落ちてくれればよいですが。なにかと使えそうです。


a0106189_1756185.jpg

稚エビも親エビの抱卵も目立つようになったきました。復活の兆しかな。




つづく
[PR]
by goe-sora | 2009-05-07 18:05 | メダカ